社会福祉活動団体生活サポートセンター

24時間365日受付中!

相談はこちらから

生活保護制度とは

生活が困窮している方へ

生活保護制度とは、生活に困窮した方に対して住まいや生活、医療や介護など、必要最低限の費用を公的に支出する制度です。いつでも・どこに住んでいても、生活に困った理由に関係なく、自由に申請することができます。

利用条件

生活保護制度は、生活に困っている人であれば誰でも申請できます。今現在の仕事や住まい、借金の有無は関係ありません。具体的には、生活保護の要件は次の通りです。
① 世帯収入が「最低生活費」より少ない
② 資産などを活用しても生活できない
③ 働けない、働く場がない
④ 年金など、ほかの制度を使っても「最低生活費」に満たない
※外国人は在留資格等により受給可能です。同居でもシェアハウスや友人との同居にはなりません。詳細はお問い合わせ下さい。

「最低生活費」とは

生活保護には8種類の扶助(生活扶助、住宅扶助、医療扶助、教育扶助、介護扶助、出産扶助、生業扶助、葬祭扶助)があり、必要に応じてこれらが支給されます。加えて、一人ひとりの状況によって「障害者加算」や「母子加算」など生活扶助費の加算の他、転居などの際の一時的な支出を補う「一時扶助」があります。

生活保護費受給は悪いことではありません!

近年生活保護費を受給することが「悪いこと」という方がいますが、決して悪いことではありません。生活保護制度は日本国民であれば誰でも受ける権利があります。又役所の職員が「恥ずかしくないの?」「受給したら変な目で見られますよ」等のいわゆる「水際作戦」が多発しており、そのような被害に合われた方々が大勢いらっしゃいます。生活サポートセンターではご利用者様の経済的安定までとことんサポートさせて頂きます。些細な事でもご相談ください。

サポートセンターご利用の流れ

1.お問い合わせ

当社にご連絡ください!制度や受給資格等ご説明させて頂きます。

2.訪問面談

お電話の内容をご理解して頂きましたらお会いして一緒に申請に向かいます。生活保護受給決定までアパートご利用可能です。

3.生活保護受給決定

生活保護受給決定しましたら保護費はすべて毎月ご自由にお使い頂けます。

※ご利用できない方

携帯電話をお持ちでない方又新規契約の意思が無い方はご利用できません。理由と致しましては緊急時や安否確認、ケースワーカーの方々と連絡を取る必要があること等です。ご理解のほど宜しくお願い致します。

年中無休

相談無料

相談はこちらから  24時間365日
New!!
LINEからも相談できます!
友だち追加

top▲